暖かピックアップ商品『こだわり冬用羽毛ふとん』側生地とダウン量をチェック!

ちゃんと眠って欲しくて、寝具専門店が暖かさだけじゃなく快適さも考えてこだわった冬用羽毛ふとん勢揃い。ポイントはずばり側生地とダウン量です。

 

『こだわり冬用羽毛ふとん』

 

 

冬に使う掛ふとんの代名詞と言っても良いでしょう。羽毛ふとんですが、当店ではちゃんと眠る為に暖かさだけでなく快適さも羽毛ふとんに求めます。その為、全商品「側生地:綿100%」にこだわって品揃えしています。

 

人は眠る時に汗をかいて深部体温を下げようとします。この汗を寝具が吸わずに体の近い部分で滞ると深部体温の低下を妨げるだけでなく、不快なムレ感となって寒い冬場でも掛ふとんを蹴飛ばすことに繋がります。そうなって欲しくないので側生地はしっかりこだわります。

 

そして、暖かさ(保温力)と密接に関わるダウン量も冬用はSLサイズ1.3kgを基準に品揃えします。ダウン量の良し悪しは使う人や使う環境との兼ね合いもありますので、スタッフにお尋ね頂ければきちんとアドバイスします。冬に使うとしてもダウン量の少ない合掛ふとんや肌掛ふとん(ダウンケット)の方が良い場合があります。

 

それから最近セミダブルサイズ(170×210cm)の掛ふとんを探しに来られる方が多いなと感じています。ベッドマットレスのサイズをセミダブル(120cm幅)にしたから、掛ふとんもセミダブルにという事なのですが「掛ふとんのサイズは使う人数」で考えて下さい。

 

敷寝具がセミダブルでもそこに寝る人数が1人ならシングルサイズ(150×210cm)で充分です。

 

寝ている間に掛ふとんがズレるから大きくしたいと考える人もいますが、ズレる原因は掛ふとんの大きさではなく「掛ふとんの吸湿性の無さ」にある方が大半です。毛布の使い方を間違っていたりもしますね。

 

当店では1人で使うならシングルサイズ、2人で使うならダブルサイズ(190×210cm)をオススメしています。その方がカバー選びでも品数は豊富だし、色々な場所で変えますからね。特殊なサイズにすると見つけるのが大変です。

 

シングルサイズの羽毛ふとんは税込39,990円(ダックダウン90%)から、ダブルサイズは税込59,990円(ダックダウン90%)からご用意しています。

 

by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)

 

PAGE TOP