秋のピックアップ商品『シール織り綿毛布』

秋の夜、そばにあると便利な寝具です。

 

『シール織り綿毛布』

 

 

周期的に気候が変化する秋、ちょっと肌寒いなと感じる夜の為に綿毛布が寝室に一枚あると便利ですね。なかでも和歌山県の高野口という地域で作られる「シール織り」という製法の綿毛布は洗っても毛羽が抜けにくく長持ちしてくれる毛布です。

 

綿毛布なので掛ふとんの内側に使って下さい。シーツ感覚で敷いても構いませんよ。

 

余談ですけど、シール織りは新幹線の座席に使われています。高級感があり耐久性も良いからでしょうね。

 

写真のシール織り綿毛布は今までの綿毛布には無いカラーリングでもあり想像以上にウケています。最近はふとんカバーやシーツもネイビーやブラウンといったダークな感じが人気ですね。お値段はS(140×200cm)サイズ:10,800円(税込)です。もちろん肌に触れる毛羽部分は綿100%です。

 

 

綿毛布はこの商品以外にも多数ございます。当店、綿毛布の品揃えは自信があります。今日の時点で全7種。10月に入ったらもう少し増えますよ。

 

ちょっと昔、何かの“お返し”でもらった様な綿毛布とは基本的に厚さ(綿の使用量)が違います。ペラペラじゃありません。「これが綿毛布?」ってビックリされる方も時々いますね。

 

Sサイズ税込3,990円からご用意しています。ポリエステルやアクリルといった毛布より見た目頼りないかもしれないですけど使えば綿毛布の方が暖かいですよ。

 

by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)

 

PAGE TOP