快眠アドバイス『カバーやシーツは肌着と同じ』

少し朝晩が肌寒くなってきて掛ふとんを使う人が増えてきたようです。掛ふとんカバーが売れ始めました。

 

皆さんはカバーやシーツといった補助寝具を選ぶ時に何をポイントにしますか?

 

 

デザイン(柄)はもちろん大事です。カバーの柄次第で部屋の雰囲気は一変しますからね。毎晩過ごす場所が自分の好きな雰囲気じゃないと嫌でしょうし、インテリアとしてデザインをポイントに選ぶのはもちろん間違いではありません。

 

 

ただし、快眠も考えてカバーやシーツを選ぶ時には吸湿性と肌触りも選ぶ時のポイントに入れて下さい。

 

カバーやシーツはパジャマの次に人に近い寝具です。手や足、顔などは実際に触れることにもなります。睡眠中の発汗にしっかり対応する為に「吸湿性の良さ」が大切なのです。

 

吸湿性の良さを見極めるには素材が重要です。綿や麻、絹といった天然素材の「天然繊維」を選びましょう。ポリエステルやナイロンといった化学繊維は避けて下さい。

 

そして、少しややこしいのが天然素材を原料とした再生・精製・半合成繊維と呼ばれるものです。これはレーヨンとかリヨセル、モダール等と呼ばれます。これらは天然素材を原料として、それらに化学処理を施した繊維です。私はこれらも避けた方が良いと考えています。繊維の強度や使った感覚の吸湿性を考慮すると、天然繊維を選んだ方が間違いない気がするので。

 

 

次に肌触りです。綿や麻、絹は原料の表記です。原料はまず糸になり、糸から生地になり、生地からやっとカバーやシーツになります。この糸や生地の種類がたくさんあります。同じ綿100%という表記でも糸や生地が違えば肌触りは別物になります。

 

ブロード、シーチング、ガーゼ、サテン、リップル、ワッフル、ニット、ネル、フラノ、パイルなど…

 

これは全て生地の名称です。品質表示には生地の名称まで表記する必要はありませんので、上記の生地が全て綿100%の場合も充分にありえます。(パイルは少し違いますね。)

 

冷たく感じやすい生地(ブロード、シーチング、サテン)、暖かく感じやすい生地(ニット、ネル、フラノ、パイル)、肌に馴染みやすい生地(ガーゼ、ニット)、寝返りしやすい生地(サテン)など、生地の肌触り(特徴)をしっかり「現物に触って確かめる事」が大切です。

 

 

それに生地の違いで吸湿性の良さも変ってきます。同じ綿100%でもガーゼ、リップル、ワッフルは吸湿性の良い生地ですね。

 

使う季節や使う人の体質も考えて選びましょう。

 

 

ちなみに、化繊や化繊が混じったカバーやシーツは使用すると上の写真の様に毛玉になりやすいです。この毛玉の肌触りを不快に感じる人は多いと思います。そういう点でも素材は大事です。

 

 

カバーやシーツは、人にとっても、寝具にとっても「肌着」と同じです。

 

普段、肌着を選ぶ際に素材や肌触りを気にしませんか?寝具のカバーやシーツもぜひ同じ感覚で選んでみて下さい。

 

また“寝具からの視点”にも立ってみて下さい。せっかく良い寝具を購入してもカバーやシーツの素材や肌触り次第でその寝具の良さを活かせない可能性があります。それは非常にもったいないです。

 

 

素材の確認はカバーの品質表示を見ましょう。これから寒くなると化繊を使った見た目も肌触りも“暖かそうな”カバーが増えてきます。ちゃんと暖かく寝たいなら、快眠したいなら、しっかり素材を確認しましょう。

 

 

肌触りの確認は、当店の場合生地見本を出来る限り用意して実物に触れてもらえる様にしてあります。通販では出来ないリアル店舗の最大のメリットなので、この様な触れるお店は増えていると思います。情報が溢れる時代だからこそ、現実・現物の感覚、自分の感覚を大切にしてほしいです。

 

睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

 

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

 

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)

 

●その他の快眠アドバイス ⇒ 〔http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11902557375.html

 

by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)

 

PAGE TOP