日本羽毛ふとん診断協会認定の「ダウンプロフェッサー」取得者が増えました。

 

 

この春から私、杉本圭も日本羽毛ふとん診断協会に「ダウンプロフェッサー」の認定を頂きました。


ダウンプロフェッサー認定


昨年、代表の杉本政博が取得していますので、当店ではダウンプロフェッサーが2名になりました。

●関連記事(当BLOG:2016年4月14日公開)
⇒ お知らせ「日本羽毛ふとん診断協会認定の『ダウンプロフェッサー』を取得しました。」


さてさて、知らない単語2つ出てきたと思いますので、まず「日本羽毛ふとん診断協会」からお答えします。


水鳥の毛を利用した掛ふとんではある「羽毛ふとん」は、日本人にその軽さと暖かさが支持され冬用の掛ふとんとして広く普及するに至りました。実に総累計販売枚数で普及率を計算すると日本人全てが使っている結果になるほどです。


そして、羽毛ふとんが日本社会に登場して約40年、社会に広く浸透した今、長年使ってヘタってしまった「羽毛ふとん」を仕立て直す『リフォーム』という仕組みもこの数年で急激な広がりを見せています。


このリフォームを請け負う会社が中心となって、設立されたのが日本羽毛ふとん診断協会です。大手寝具メーカーが関与しない点も注目すべき部分です。


羽毛ふとんの仕組みをキッチリ理解し、羽毛ふとんの価値をシッカリ判断できる専門家の育成とサポートを行う団体とでも言いましょうかね。

●詳しくは協会のWebサイトをご覧ください。
⇒ 『日本羽毛ふとん診断協会』


次に「ダウンプロフェッサー」ですが、この協会が発行する羽毛ふとんの診断に関する資格ですね。1年間の実地試験を経て、羽毛ふとんの価値を適正に判断できると認証された事を意味します。


取得後も毎年レポートを書き、認定者同士の情報交換会に参加もしないといけません。


羽毛の中身


日本羽毛ふとん診断協会の活動目的には「正直にふとんと向き合う」と宣言されています。


正直にふとんと向き合うという事はお客様とも正直に向き合うという事です。


羽毛ふとんに限らず「寝具・ふとん」と正直に向き合い、モノには必ず存在する「メリットとデメリット」をちゃんと理解し、値段だけで価値を計らない「お客様に合った寝具・ふとん」の提案を続ける。


今回の資格取得を機に、そんな初心の気持ちが整理されました。


これからは羽毛ふとんのメンテナンスの季節です。メンテナンスの第一歩は「チェック(診断)」です。

●チェックのポイントはこちらの記事をご覧ください。(当BLOG:2017年4月11日公開)
⇒ お店の日常「羽毛ふとんを押し入れに片付ける前に状態をチェックしましょう!」


自己チェックだけでは不安な方はお気軽に持ち込んで下さい。チェックだけなら無料ですので。


by sleepdesigner:圭


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

PAGE TOP