睡眠からアプローチする「認知症予防シンポジウム3」に参加してきました。

 

 

昨日、冷たい雨の中、名古屋市の中部大学三浦記念会館で行われた『睡眠からアプローチする“認知症予防シンポジウム3”』に参加してきました。


日曜日に店を離れるのは忍びなかったですが、冷たい雨のおかげで店は暇だった様です。う~む複雑(笑)


認知症と睡眠1


シンポジウムの内容は下記の通りです。


●はじめに「睡眠と認知症」

宮崎総一郎先生(中部大学生命健康科学研究所)


●教育講演「認知症リハビリテーションとは」

大沢愛子先生(国立長寿医療研究センター)


●特別講演1「平穏死という選択」

石飛幸三先生(世田谷区立特別養護老人ホーム芦花ホーム)


●特別講演2「ミトコンドリアからみた認知症予防」

太田成男先生(日本歯科大学細胞生物学)


認知症と睡眠2


会場に参加者がいっぱいでした。私がギリギリに到着したのもありますが、会場の端っこしか席が空いて無かったので上の写真の様なこんな角度で聴いていました。


認知症はザックリ言うと何らかの理由で脳機能が正常に働かない状態です。


何らかの理由の一つに不眠や睡眠障害が挙げられます。


睡眠は脳のメンテナンスを行う時間なので、睡眠がきちんと取れないとメンテナンスが不十分な状態で生活することになるのです。


その状態の蓄積がやがて認知症として姿を現すと言えます。何十年にも及ぶ蓄積の結果だそうです。


質の良い充分な睡眠を習慣にする事が認知症の予防に効果的なのですが、日頃の運動も重要だそうです。しかも頭を使った運動です。社交ダンスがイイみたいですよ!


また、常に新しいことに挑戦して脳を使うことも大事だそうです。これはご年配の方に睡眠指導する際にもアドバイスします。グッスリ眠りたければ、頭を酷使するんです!子供がイイ例です。毎日が新しいことの連続、頭をフル稼働して生活していますので、あんなグッスリ眠れるんですね。


今は頭を使わなくてもコンピューターが色々とやってくれます。足を使わなくても車で移動できます。講演を聴きながら、不眠症や認知症は便利の代償なのかなって思っちゃいましたね。


by sleepdesigner:圭


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

PAGE TOP