2016年

10月

02日

店内の様子『秋用の合掛ふとん・肌掛ふとん』

 

2016年10月2日現在の店内の様子です。


『秋用の合掛・肌掛ふとん』


2016秋合掛肌掛1


日本には四季があり、年間通して気候が激しく変化します。ホテルの様に年中空調設備(エアコンなど)を使って室内の環境を一定に保つ家庭であれば、掛ふとんは1種類で良いでしょう。


しかし、日本の多くの一般家庭ではそんな贅沢なエアコンの使い方はしないと思います。つまり快眠を目的として掛ふとんを選ぶ場合、四季に対応する為に「複数」の掛ふとんが必要なのです。


年間通して1種類の洋服で過ごしませんよね。寝具も同じです。


寝具専門店では、一般的に秋(春)用の掛ふとんを「合掛(あいがけ)ふとん」、夏用の掛ふとんを「肌掛(はだかけ)ふとん」もしくは「ケット」と呼んでいます。


冬用、春秋用、夏用の掛ふとんの違いは「詰め物(ワタ)」の「量」の違いです。


これは羽毛ふとんを考えると分かりやすいでしょう。1人用サイズの一般的なサイズであるシングルロング(SL:150×210cm)サイズの羽毛ふとんで比較すると、冬用の詰め物(ダウン)量は1.2~1.4kg、春秋用は0.7~0.8kg、夏用は0.3~0.4kgとなるのが通常です。


ただし、掛ふとんの季節表記と詰め物の量の関係に特にルールはありません。上記はあくまで一般的な目安です。また、使う人の体質によっては夏用の肌掛ふとんを秋用として使っても構いません。もちろん、夏用の肌掛ふとんに毛布やタオルケットを併用して秋に使っても良いです。


2016秋合掛肌掛2


当店で品揃えする合掛・肌掛ふとんは「側生地」と「詰め物(中わた)」の両方に『天然素材』を使用する事にこだわっています。


理由はもちろん「吸湿性が充分に備わっているかどうか」を季節に関係なく掛ふとんに求めるからです。 


詰め物の素材によって合掛・肌掛ふとんを大別すると「綿(コットン)」「ウール(羊毛)」「真綿(シルク・絹)」「麻(リネン・ラミー)」「羽毛(ダウン)」に分かれます。ちなみに今の時期は麻の掛ふとんはありません。その代わりに「キャメル(ラクダ)」を使用した掛ふとんを入荷しました。


2016秋合掛肌掛7


これらの天然素材を掛ふとんに加工した時、吸湿性や保温性などの能力に一長一短がもちろんあります。当店では「使い方」「使う人」「寝室の環境」「持っている寝具との関係性」も含めて、その人に合った掛ふとんをアドバイスしています。


その中でも特に吸湿性と保温性のバランスの良い『真綿ふとん』は万能の合掛・肌掛ふとんとしてイチオシしています。


2016秋合掛肌掛4


真綿(まわた)は、綿(コットン)ではありません。蚕の繭を原料とした素材になりますので、洋服や着物の生地に使われる絹(シルク)と同じと考えることも出来ます。ワタ状に加工すれば真綿、糸に加工して生地に織れば絹と呼び区別しています。


2016秋合掛肌掛5


真綿の成分はタンパク質です。これは人間の体と一緒。人に対して刺激の少ない優しい素材なのです。真綿ふとんは保温性による暖かさ、吸湿発散性による爽やかさ、そこに加えてタンパク質成分による「気持ち良さ」が特筆すべき特徴と言えるでしょう。


2016秋合掛肌掛6


真綿ふとんは、まるで人肌のぬくもりに包まれている様な幸せな感覚を味わえる掛ふとんと言えるかもしれません。


この様に原則として天然素材の掛ふとんをオススメしていますが、極度のアレルギー体質を持った方向けに「ダクロンクォロフィルアクア」という特殊ポリエステル繊維を使った肌掛ふとんもご用意してます。


【合掛・肌掛ふとん価格目安:1人用シングルサイズ】※税込価格です。

綿[合掛] … 手づくり:15,800円~

綿[肌掛] … 5,990円~ (手づくり:9,990円~)

羊毛(ウール)[肌掛] … 13,800円~

真綿[合掛] … 24,800円~ (手引き:39,800円~)

真綿[肌掛] … 17,800円~ (手引き:27,000円~)

羽毛[合掛] … 28,000円~

羽毛[肌掛] … 18,000円~

キャメル[肌掛] … 29,800円

ダクロンクォロフィルアクア[肌掛] … 14,800円

麻 ※来春入荷予定


全ての素材はございませんがダブルサイズもご用意してます。サイズオーダー可能の商品もございます。


最後に量販店などで販売される肌掛ふとんの多くは家庭で洗える事をメリットにした商品が多く見られます。この洗える掛ふとんを購入する際に1つだけ頭に入れて欲しいことがあります。


家庭で洗えるという事は、家庭で簡単に乾くという事です。これは裏を返すと水分を吸収していないから簡単に乾くという事でもあります。その為、この様な洗える掛ふとんのほとんどが詰め物にポリエステル(化学繊維)が使われます。中にはダウンを詰めた商品もありますが、側生地がポリエステルだったりします。


これは寝具に求める能力の優先順位の問題ですね。睡眠の質か、洗濯のしやすさか。


洗濯するという作業は寝具を痛めることにもなります。特に天然素材のふとんは化学繊維に比べれば弱いです。当店では家庭での洗濯は基本的にカバー、ふとん本体の洗濯はシーズン終了時に専門の業者へ出してもらる事をオススメしています。


■関連ページ

当BLOG ⇒ ウメナ寝具のこだわり『丁寧なふとん丸洗い(クリーニング)』


朝晩はずいぶん秋らしくなってきました。合掛・肌掛ふとんのご用意はお早めに。


お気軽にご相談、ご来店お待ちしてます。


■関連ページ

当店Webサイト ⇒ 『グッスリ眠れる寝具選び』


by sleepdesigner:圭


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

PAGE TOP