ピックアップ商品『麻の爽やか敷パッド』ムシ暑い日本の夏を快適に!

 

 

今回ピックアップするのは「麻」を使った敷パッド(ベッドパッド)です。


敷パッド


私はこの仕事をする様になって麻という素材を知りましたが、それから夏のお気に入り素材になっています。今では夏に使う寝具はほとんど麻です。敷パッドはもちろん愛用していますし、シーツ、カバー、ピロケースも麻です。パジャマも麻を持っています。夏の普段着を買う時も意識しています。


そもそも麻(あさ)とは、植物の靭皮(じんぴ)をもとにした繊維のことです。靭皮とはざっくり言うと植物の茎です。


茎の断面を想像してもらえれば分かりやすいと思いますが、麻はストローの様に空洞になっています。この構造のおかげで熱伝導率が良く、人間が触れた際の熱を素早く外に放出することが出来るため、触るとサラッとした感触を持っています。


使用する空間の環境次第では相当なヒンヤリ感も得られますね。


私個人の感覚ですけど室温が20~25℃の時、麻のヒンヤリ感は相当です。春に先走って麻のシーツを使って、たまに気温がグッて下がった時は冷たすぎて焦ります(笑)


夏場はエアコンを使って室温を29℃以下になる様にしていますので、ヒンヤリという言葉はちょっと違う気がしますね。サラッと、爽やかな感じと言った方が適切でしょう。


麻は綿よりも人間とのお付き合いが長く、人類史上最古の繊維だとも言われエジプトのミイラに使われている包帯は麻なのです。日本では古くから夏の繊維として重宝されています。


麻を原料の植物で分けるとリネン(亜麻)、ラミー(苧麻)、ジュート(黄麻)、ヘンプ(大麻)などなど、細かく区別すれば20種以上あるそうです。日本語で、これらを総称した名前が麻なのです。


日本の家庭用品質表示法で麻という表記を使えるのは「リネン」と「ラミー」になります。その他の場合は指定外繊維と表記されます。


タグ



今回ピックアップする麻を使った敷パッドは、肌に触れる「表生地」はもちろん「麻100%」ですが、「中わた(詰め物)」にも麻を100%使います。


当店は春夏用の敷パッドを揃える際、詰め物まで天然素材を使うことにこだわっています。この時期の敷パッドは「吸湿性」が一番大切だからです。


そんな麻を使った敷パッドですが、当店の定番が下の写真の品、『本麻ラミー敷パッド』です

麻ラミー


表生地にラミーを使っています。60番手の高品質ラミーなので、触ってもチクチク感は無いと思います。一般的にラミーの方が安いけど肌触りが少しチクチクする。リネンの方が高価だけど滑らかな肌触りとされていますが、ラミーやリネンの糸にも品質の良し悪しがありますので、先入観無しにまずは触ってみましょう。


【本麻ラミー敷パッド価格】※税込価格です。
シングルサイズ … 17,800円
セミダブルサイズ … 21,800円
ダブルサイズ … 24,800円
クイーンサイズ … 28,800円


次の下の写真の商品は『本麻リネン敷パッド』です。

麻リネン


表生地にリネン糸を使った敷パッドで、メーカーの見切り品なので数量限定、シングルサイズ限定ですがお買い得価格です。


【本麻リネン敷パッド価格】※税込価格です。
シングルサイズ … 14,800円(昨年のリネン敷パッドは19,440円で販売しています。)


最後、下の写真の商品は『本麻リネンニット敷パッド』です。

麻ニット


リネン糸を使ったニット生地。織物ではなく編物の生地です。伸縮性がありますので、肌触りが柔らかいですね。同じ生地を使用した枕パッドもあります。


【本麻リネンニット敷パッド価格】※税込価格です。
シングルサイズ … 23,800円

【本麻リネンニット枕パッド価格】※税込価格です。
43×63cm用 … 2,700円


敷パッドなので全て4隅にゴムが付きます。


2016春夏敷パッド8


もちろん全てご家庭でお洗濯可能です。麻なので下の写真の様にシワになりますがご了承ください。この写真は本麻ラミー敷パッドです。


恐らく本麻リネンニット敷パッドは編物なので、シワになりにくいと思います。枕パッドを今度洗ってみますね。


麻シワ


ちなみにここまで紹介した敷パッドは全て「日本製」になります。


ちょっと価格が高くて手が出ないという方には下の画像の品。中国製のシングルサイズ限定になりますが、『生成り本麻敷パッド』もご用意してます。

生成り麻


こちらも表生地、詰め物ともに麻100%です。種類はラミーですね。


【生成り本麻敷パッド価格】※税込価格です。
シングルサイズ … 7,990円(6月までは9,720円で販売していました。)


最近は10月ぐらいまで暑いですからね。麻の敷パッドが活躍する時期はまだまだこれからです。


汗っかきの男性や子供用の素材に麻は特にオススメですよ。


シーツ、カバー、ピロケースも麻製品はご用意しています。


最後に、どんなに麻が夏にオススメの素材だとしても寝室の環境は著しく悪いと効果が発揮されません。快眠には寝具を整えると同時に寝室環境も整える必要がありますよ。


■関連ページ(過去記事)

当BLOG ⇒ 新商品『麻の爽やかピロシーツ(枕用シーツ)』2016年6月24日

当BLOG ⇒ ピックアップ商品『天然素材の枕パッド』2016年6月19日

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス『熱帯夜は電気の力で寝室の温度と湿度も整えましょう』2016年7月5日

BLOG ⇒ 快眠アドバイス『寝具の肌触りに騙されてはダメ』2015年6月14日

BLOG ⇒ 快眠アドバイス『接触冷感素材について』2014年7月17日

BLOG ⇒ 快眠コラム13『夏の眠りは湿度が決め手』2013年6月27日


by sleepdesigner:圭


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

PAGE TOP