快眠アドバイス『寒いはずなのに布団を蹴るのはなぜ?』



夜の気温が下がり始めるこの時期、夜中に寒さで目が覚めて、なぜか掛かっていない布団を慌てて掛け直す。


こんな経験はございませんか?


自身の経験としては無くても隣で寝ているパートナーや眠った子供の様子を確認した時、この様な寒いはずなのに布団を掛けていない状態に気がつくかもしれません。


この原因は布団の中の「ムレ(蒸れ)」と考えて間違いないでしょう。


人は眠りに入ると汗をかきます。これは季節に関係しません。睡眠中、体の内臓などを休ませる為に体内の温度(深部体温)を下げようとしますが、この深部体温低下に発汗という生理機能を利用するからです。


もし使っている寝具の吸湿性が悪く、汗を素早く体の表面から寝具に吸収・移動させる事が出来ないと、ムレによる不快感が強まり、その不快感を取り除く為に布団を蹴とばします。


そして冷たく乾燥した外気に汗をかいた体がさらされると、汗は気化して体から熱を奪います。この時の熱は体の表面のもの、深部体温ではなく表在体温が下がることになります。冬に運動して汗をかき、その状態で放置していると一気に体が冷たくなるのを想像して下さい。


表在体温が低下した状態ではグッスリ眠ることはできません。寒さで目覚めてしまうのが良い証拠でしょう。加えてちゃんとした睡眠が取れていないと免疫力が低下し風邪もひきやすくなります。


感覚として暑い時期の寝具に「吸湿性」が大切なのは分かりやすいと思いますが、寒い時期でも寝具には吸湿性が必要なのです。


まず体に近い寝具から優先的に「天然素材」を使ったものに変えてみましょう。つまり最優先にチェックするのは「パジャマ」なのです。


次にシーツや敷パッド、カバーに毛布(ケット)といった「補助寝具」をチェックしましょう。敷ふとんや掛ふとんが天然素材を使ったものじゃなくても、その内側に使う補助寝具を天然素材に変えてみるだけでも変わってきます。


補助寝具で吸湿性を補いたい場合にオススメは「敷パッド」や「キルトケット」の様な薄くワタを入れてミシンでキルティングをかけた商品です。


敷パッド
※敷パッドは4隅にゴムが付いて着脱が簡単な商品が多いです。もちろん洗えます。

キルトケット
※画像は「パシーマキルトケット」という商品ですが、見た目がシーツみたいなので掛けて使うには違和感を覚える方も多いです。ただし使った方の評判は非常に良いです。


この様な補助寝具を選ぶ際も商品に付けられるタグをしっかり確認しましょう。


タグ


敷パッドやキルトケットの様な商品を選ぶ際は「詰め物(中わた)」の素材までしっかり確認して下さい。


■関連ページ
⇒快眠アドバイス 『実はパジャマが一番重要な寝具!?』 2015年2月19日

⇒BLOG:お店の日常 『毛布は掛ふとんの下に使うの?上に使うの?』 2014年10月23日


by sleepdesigner:圭


◆その他の快眠アドバイス ⇒ 〔http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11902557375.html

◆ウメナ寝具のWebサイト ⇒ 〔http://www.umena.biz

ホームページ画像

PAGE TOP