2015年

7月

13日

商品たちの物語 magniflex 『マニフレックス製品の比較評価 ~三つ折マットレス編~』



「商品たちの物語」は当店で扱う商品の秘話やスタッフが実際に使ってみて感じた事を綴っています。

日本に輸入されて20年を超える歴史を築き上げた高反発マットレス「magniflex(マニフレックス)」ですが、日本のライフスタイルや使う人の体質などに対応するために製品の種類も増えました。


これまでの当店での販売実績、ご愛用者様の感想、店頭での試し寝の様子、レンタルサービスの結果などを考慮して、製品の比較評価をしてみようと思います。


今回は三つ折マットレス編です。前回はベッドマットレス編でした。今後は敷ふとん・オーバーレイ編、まとめ編と続きます。


【メッシュ・ウィング】

メッシュウィング

ベッドマットレスタイプのエアメッシュを三つ折マットレスに加工した製品だと考えて下さい。マニフレックスの最大の特徴であえるエリオセルという高反発芯材が使われています。

モデル246等と同じ様に、筋肉質の方、体重の重い方、男性に好まれる傾向があります。畳んだ際に取っ手も付いて持ち運びに便利な事から、開封して膨らんだ後の引っ越し対応が簡単なので就進学用や異動などで現在の住居が変わる可能性の高い新社会人の方々に人気があります。マニフレックスのアドバイザーで力士の嘉風関は地方巡業での必需品だそうです。

子供用のベッドマットレスには万が一おねしょで汚した際にクリーニングに出しやすい事もあって三つ折マットレスタイプをオススメしています。マニフレックス製品は使える年数が長いので、子供が成長し、進学時に一人暮らしを始めるとなった場合、ベッドにも敷ふとんとしても使える点、持ち運びが簡単な点も子供用にオススメの理由になります。

サイズがSS・S・SD・D・Qに加えてSLサイズまであり、マニフレックス製品の中で最もサイズ展開が豊富なタイプです。

また、私個人の感覚ですが、西川産業さんのAIR01(エアー01)という製品のBASICタイプの寝心地に近いのは、マニフレックスではメッシュ・ウィングの様な気がします。


【フィレンツェスーパーウィング(ジュリアンスーパーウィング)】

フィレンツェスーパーウィング

エリオセルソフトというエリオセルの反発力を若干弱くした芯材にエリオセルを重ねた二層構造タイプです。エリオセルソフトの面を基本は上にして使いますが、裏返してエリオセル面に眠ってもらっても構いません。

登場した際はマニフレックス日本上陸20周年を記念していて、ジュリアンスーパーウィングという名称でした。その後、フィレンツェスーパーウィングという現在の名称になりました。側生地のデザインが違います。中身は一緒です。

女性や今までワタの敷ふとんを使ってきた人に好まれる傾向が強い気がします。高反発素材は下からの押し戻す力の強い素材を指します。従来のエリオセルやエリオセルMFの高い反発力による「押し返してくる感覚」が体に合わない人がいて、その様な人に対応するワタの様に「包まれる感覚」に近い製品だと思います。

ただし、このタイプだけ開封後の復元が非常に遅いです。新しく輸入された分に関しては改良されたとメーカーは説明しますが、いまいち不安なので、このタイプに限っては購入後に当店で復元処理を行い、後日配送しています。

スチームアイロンで蒸気を当てながら熱を加えると簡単に復元します。その他の製品についても、冬場になると時々4隅までキレイに膨らまないとか、復元が遅いといったお声を頂きますので、その都度スチームアイロンを持って復元処理を行いに伺っています。

■関連ページ
⇒ 【BLOG】お店の日常:マニフレックスが膨らまない場合の対処法


【DDウィング】

DDウィング

フィレンツェスーパーウィングのエリオセルソフトの部分をエリオセルMFにしたタイプです。もちろん基本はエリオセルMFの面を上にして使ってもらいますが、裏返してエリオセル面に眠ってもらっても構いません。

ベッドマットレスで人気のあるフラッグFXと非常に似た構造です。エリオセルにエリオセルMFを2㎝重ねています。ただし、フラッグFXはエリオセルMFを側生地に内包してキルティングを施していますので、寝心地が全く同じではありません。少しフラッグFXの方が柔らかい気がします。

その仕様の差もあってか、フラッグFXほどの圧倒的人気は無いと思います。三つ折マットレスに関しては3タイプそれぞれほとんど均等に好みが分かれている気がします。

このタイプはシングルサイズで重量が10㎏と、三つ折にした状態で取っ手を使い片手で持つのは少し重く感じるかもしれません。マニフレックスの製品はエリオセルMFを使っていると原則として重くなります。ダブルサイズをお使いの方で取っ手が壊れてしまったというお話も聞いています。


三つ折マットレスのタイプ別評価は以上です。


そして三つ折マットレスに共通して言える事は、ご年配の方が敷ふとんとして使用した場合、マットレスの上に立った時にバランスを崩して危ないという意見があります。確かに足腰に不安のある方が、上に立って歩くのは難しいかもしれません。ご年配の方や足腰に不安のある方が敷ふとんとしてご使用になる場合、もしくはご購入する際には注意が必要です。


また5年位使うと、3枚に分かれるマットレスのうち、お尻が乗っかる真ん中の部分のマットレスの反発力が弱くなったと言われる事があります。これはメーカーの説明によると湿気が原因で、マットレス内の湿気(水分)が放出しきれていないからだそうです。確かに触ると残りの2枚に比べてジトッとしています。これは布団乾燥機などを使って湿気を飛ばせば問題ありません。


当店でもアフターサービスの一環として乾燥処理を行っています。当店でお買い上げ頂いたもので無くても、手数料は頂きますがお引き受けします。

■関連ページ
⇒ 【BLOG】お店の日常:マニフレックスの反発力を戻す乾燥処理法


フィレンツェスーパーウィングやDDウィングの様な2層構造リバーシブルタイプのメリットは体型の変化などによって好みの寝心地が変わった際に対応できる点があります。特に女性の場合、妊娠時と妊娠前・出産後で体型が急激に変化することで、その都度好みの寝心地が変化する場合が多く、その様な時期でのご使用にこのタイプは重宝するかもしれません。


三つ折マットレスに関する評価は以上です。


このBLOG内でも何度でも書いてきましたが、マニフレックス等の敷寝具選びで失敗しないコツは、実物への試し寝をして寝心地と寝返りのしやすさを自分のカラダで確かめる事です。


その他のマニフレックス比較評価記事は下記の通りです。

●商品たちの物語

⇒ magniflex『マニフレックスの比較評価 ~ベッドマットレス編~』

⇒ magniflex『マニフレックスの比較評価 ~敷ふとん・オーバレイ編~』

⇒ magniflex『マニフレックスの比較評価 ~まとめ編~』


その他、過去にマニフレックスについて書いた記事も良ければご覧下さい。

●商品たちの物語

⇒ magniflex『ご愛用者様の評価(感想)集2013』

⇒ magniflex『ご愛用者様の評価(感想)集2014~その①~』

⇒ magniflex『ご愛用者様の評価(感想)集2014~その②~』

⇒ magniflex『マニフレックスを寝比べる』


誌面やWeb上の情報だけでなく、実際に現物を見て触って寝てみましょう。


by sleepdesigner:圭


◆その他の商品たちの物語 ⇒ 〔http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11524384575.html

◆ウメナ寝具のWebサイト ⇒ 〔http://www.umena.biz

◆マニフレックスの公式Webサイト ⇒ 〔http://www.flag-s.com/

PAGE TOP