店内の様子「羽毛ふとん(リフォーム)」「肌ふとん」「ケット」「毛布」



2015年6月の店内の様子。今回は掛寝具関連です。

羽毛ふとん
※季節に関係なく羽毛ふとんは置いています。「側生地:綿100%」と「日本製」にはこだわります。中身はダック85%(SLサイズ:29,990円)からマザーグース95%(SLサイズ:324,000円)まで。使う人や使い方、使う環境に応じてアドバイスします。
■関連ページ ⇒ 快眠アドバイス:「羽毛ふとんの選び方」

リフォーム2
※今の時期は「羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)」が集中します。羽毛ふとんは10年位使うと中身の羽毛(ダウン)が固まって保温力が落ちたり、生地が摩耗して中身が噴き出してきます。その場合、中身を洗浄して良い状態に戻し、新しい生地に入れ直すリフォームがオススメです。ただし、中身の次第では新品よりも料金が高くなりますので、まずはお持ち込みの羽毛ふとんの状態を確認・診断します。
■関連ページ ⇒ 当店Webサイト内:「羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)」

リフォーム1
※当店ではお客様のご了承を頂ければ、羽毛ふとんのミシン目をほどき実際に中身の羽毛(ダウン)を確認します。もし確認後リフォームをせずにそのまま使う場合は、後日ほどいた後を再度ミシンを掛けてお届けします。

肌ふとん
※春から初夏にかけて活躍する肌掛ふとんは天然素材の中でも「綿」「真綿」「ウール」「麻」をオススメしています。羽毛は天然素材ですが、生地が綿でもダウンプルーフ加工によってムレやすいので暑い時期にはオススメしていません。お値段は綿で5,990円、真綿で17,800円、ウールで9,990円(数量限定)、麻で19,440円からご用意しています。

ケット
※夏はガーゼケットやタオルケットが活躍します。昔はタオルケットが夏場の寝具の代名詞でしでが、最近は発散性の良いガーゼケットに人気が集まっています。吸湿性の良い「今治タオル」ブランド取得の商品もあります。ガーゼケットがSサイズで3,990円(数量限定)から、タオルケットがSサイズで2,990円(数量限定)からご用意しています。

ケット2
※最近は夏が非常に暑いので、お腹を守るだけお腹に乗せるだけの「ミニサイズケット」もジワジワ人気です。お値段は3,240円からです。

毛布
※夏場なので数は少ないですが毛布も置いています。もっとも綿毛布ならば体質によったり山間地でのご使用の場合は使えるかもしれません。


この時期の掛寝具はご家庭で洗えるというメリットを強調した化繊を使う製品が良く出回ります。側生地が綿でも、中わたはポリエステルといった製品もあります。この様な製品は「吸湿性」に乏しく、寝具本来の性能を持っていないと考え当店ではオススメしていません。


ゆえに、掛寝具の品揃えは「天然素材」が中心となります。


●6月の店内の様子

⇒ 店内の様子「タオル・ハンカチ」「カバー」「敷パッド」「パジャマ」「スリッパ」

⇒ 店内の様子「枕(まくら)」「ベッド・マットレス」「敷ふとん」「綿ふとん(打ち直し)」

⇒ 店内の様子「ベビー・ジュニア」「シルク(冷えとり)」「座布団」「アウトレット」


by sleepdesigner:圭


◆ウメナ寝具のWebサイト ⇒ 〔http://www.umena.biz

PAGE TOP