商品たちの物語:飛騨の匠によるベッドフレーム

 

 

「商品たちの物語」は当店で扱う商品の秘話やスタッフが実際に使ってみて感じた事を綴っています。

飛騨の家具1

今回は当店で扱うベッドフレームの物語ですがその前に一言。

当店、寝具屋(ふとん屋)ですけどベッドのマットレスも置いてありますので、もちろんベッドフレームも販売しています。家具屋さんの様にたくさんはありませんが、その分こだわりのあるベッドフレームを現在は5台展示してあります。(近々もう2台ほど増える予定)

ふとん屋さんにはベッドフレームは置いてないとまだまだ思われていますので。

写真のベッドフレームはそのうちの1台。日本の伝統的な家具産地である岐阜県飛騨地方で作られる「飛騨の家具」です。

飛騨地方は、東西を険しい山々に、南北を深い渓谷に囲まれ、面積の95.2%を森林で占める山と森の国です。ちなみに岐阜県全体では森林率82%で国内2位。そんな山と森の中でも縄文時代から人々は集落を作り生活してきました。そこでは細密で精度の高い石器文化と土器文化が育まれ、遠く関東地方とも交流が営まれてきました。

文明の象徴とされる石斧(せきふ)を代表とする道具づくりは、豊かな自然を背景に高度な木材加工、建築技術の発展へとつながり、「飛騨の匠」と称される職人達を生み出したのです。

飛騨の匠は718年(養老2年)成立の「養老律令」で初めてその名を歴史書の中に登場させます。そこには中央政府による飛騨の匠達への免税を条件に、宮殿造営のために徴発を行うことが記されています。税を免除してまでも飛騨の匠の木工・建築の力を欲していた証拠なのです。

歴史書に登場するのは奈良時代ですが、実はそれ以前の飛鳥時代から飛騨の匠は都へ徴発されていたという説もあり、飛鳥時代から平安時代末期までの約500年の間、毎年100人を基準とする匠達が飛騨と都とを行き来したようです。

位山古道
※東山道飛騨支路 位山古道

その様な徴発の背景のもと奈良の平城宮をはじめ、法隆寺夢殿、唐招提寺、薬師寺、東大寺、平安宮の大極殿や豊楽殿、羅城門など、日本の古代建築のハイライトを飛騨の匠達が手掛けています。

この飛騨の匠の伝統と技術を受け継ぎ、岐阜県高山市で洋家具づくり(椅子づくり)をスタートさせた会社が現在の「飛騨産業株式会社」であり、このベッドフレームを産み出す飛騨地方家具づくりのパイオニアと呼べる会社なのです。

飛騨の家具2

このベッドフレームは「baguette life(バゲット ライフ)」というシリーズ名です。ベッドフレームだけではなく、椅子はもちろんダイニングテーブルやキャビネットなどが揃っています。

バゲット

baguetteとは棒状のフランスパンのことを指します。フランスパンと聞いたら日本人が真っ先に思い浮かべるタイプがbaguetteだと思います。このシリーズのデザイナーである五十嵐久枝さんがそのbaguetteをイメージして設計したので、このシリーズ名となりました。ちょっとベッドからはイメージしにくいですが、ベンチやキャビネットは確かにフランスパンの雰囲気が出ています。

バゲットライフ

フレームの素材は北米産ナラの無垢材です。(ただしベッド以外はナラの端材を活用した集成材です。端材活用が認められてダイニングセットは2010年グッドデザイン賞を受賞。)

ナラは重厚な木質が特徴で加工はやや難しく、乾燥にも時間がかかりますが狂いが少ないです。ヨーロッパでは内装材として一般的な木材です。日本ではもともと単板としての需要が多かったのですが、近年は家具やドア、フローリングなど様々な内装用として使われます。

飛騨の家具3

床板はスノコ仕様です。フレームと同じくナラの無垢材を使っています。

飛騨ベッド組み立て

組み立て方法は非常に簡単です。上の写真の通り、サイドフレームに付けられた金具をフットボードとヘッドボードにはめ込むだけです。ネジも要らないですし、工具も必要ありません。

飛騨の家具4

この黒いシミの様なものは「虎斑(トラフ)」と呼ばれるナラの無垢材に見られる独特の模様です。展示ベッドにはサイドフレームに虎斑が見られます。

床板までの高さが無いローベッド仕様なので高級感が出る反面、ベッドの下に何かを収納することは出来ません。また、サイドフレームと床との隙間が4cmしかないので、ベッドの下を掃除するのが少し大変かもしれません。

塗装はポリウレタン樹脂です。家具の仕上げ塗装として最も一般的な方法です。塗り過ぎると木の本来の質感を損ないやすい欠点がありますが、ここの会社は可能な限り薄く塗ってあります。もちろん「F☆☆☆☆」取得の塗料ですので、ハウスシック症候群のもとになるホルムアルデヒド発散の心配はありません。

昨年の11月に飛騨の家具館を訪問し、取引をお願いしたばかりの新商品です。

値段は少々張りますが、古来より続く家具づくりの伝統、確かな品質を保証した「飛騨の家具」は永く愛せるベッドだと思います。


by sleepdesigner:圭


商品名:baguette life(ベッドフレーム)
サイズ:シングル(100×213×90.5cm、床面:100×198cm)  173,250円
    セミダブル(123×213×90.5cm、床面:123×198cm)  189,000円
    ダブル(139×213×90.5cm、床面:139×198cm)    204,750円
床高:21cm、床下:4cm
フレーム素材:ナラ無垢材
スノコ素材:ナラ無垢材
塗装:ポリウレタン樹脂(F☆☆☆☆取得)
※受注生産になりますので、ご注文後納品まで約1ヶ月ほど掛かります。


◆その他の商品たちの物語 ⇒ 〔http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11524384575.html

◆ウメナ寝具のWebサイト ⇒ 〔http://www.umena.biz

PAGE TOP