2013年

12月

16日

ぼやき:朝練禁止は体に良い

今朝の日経新聞朝刊社会面に「朝練禁止 大人の都合?」という記事が載ってました。


長野県の教育員会が中学校での朝練を禁止する方針を打ち出したという内容です。保護者の負担、先生の負担、学力や成長への影響などが理由とのことです。


人間の体の仕組みを知っている方ならこの方針に賛成されるのではないでしょうかね。私も賛成か反対かと言えば、賛成派です。


朝、部活の練習の様な激しい運動をすることは体に余計な負担をかけるだけです。


理由は体温です。一日の中には体温が高い時間帯、低い時間帯とあり、体温が低い状態の時に体を動かすのは大変なことなのです。


一般的に3~5時がもっとも体温が低く、起床して徐々に体温は上昇していって、18~20時がもっとも体温が高くなります。体温の高い時間帯に体は動かす方が楽だし、効率が良いのです。


陸上などの世界記録がほとんどこの夜の時間帯に生まれているのは、睡眠の世界では有名な話です。


昔、日体大の先生がこの様な理由から朝練はしないと話をしていましたね。


やみくもに、がむしゃらに体を動かしてもスポーツは上手くなりません。


朝練をする位なら午後の勉強をこの時間帯に移して、午後の早い時間帯から練習をした方が良いでしょう。午前中は脳が元気なので頭を使う作業は午前中の方が効率的ですしね。


頭を使う重要な会議ほど午前中に集中させる企業も近年は見られます。


紙面には「子供の中には朝練がしたい子もいる」とあり、「子供の思いを総合的に検討する必要がある」と結んであります。


私自身も高校卒業までの9年間を野球に費やしました。もちろん中学、高校は部活に入ってました。現代の部活に熱中する子供達の気持ちを少しは分かっているつもりです。


だからこそ、スポーツが上手くなりたいという気持ちを尊重するからこその「朝練禁止」だと子供に理解してもらう事が大切だと思いますね。


後、運動技能の定着には睡眠が必要なことも知って頂きたいですね。練習をたくさんしても、眠らないと体が覚えないのです。これも非効率ですからね。上手くなりたいなら睡眠をしっかりとることも大切なのです。


さて、長野県教育委員会の今後の動向に注目していたいと思います。


今朝の朝刊を読んだ衝動で、一気にBLOGを書いちゃいました。


SALE「2013年末大感謝祭」は今日までです。皆様のご来店をお待ちしてます。


by sleepdesigner:圭


◆ウメナ寝具のWebサイト ⇒ 〔http://www.umena.biz

PAGE TOP