カラダとの対話

写真は先月末に発売された雑誌「Tarzan」です。月に2回発行されています。特に購読はしてないですが、興味のあるテーマの際は買ってます。

今回はカラダの「ゆがみ」を特集しています。


左右、前後、カラダのバランスが崩れるという事は、常にカラダに負荷を与え続けることになります。それは結果として腰痛だったり肩こりだったりと、何らかの「痛み」として現れてきます。


その痛みの現れるタイミングとして「起床後」という方は少なくないでしょう。


実際、起きた時に肩や腰が痛い為、それを和らげるために寝具を見直すという方は増えています。


この雑誌の中にも寝具に関するページがありました。


マットレスに重点を置いて「テンピュール(低反発)」「マニフレックス(高反発)」「スマートスリープ(等反発)」の3種類を紹介しています。


当店ではこのうちマニフレックスとスマートスリープを取り扱っています。


テンピュールの紹介記事の「先入観にとらわれずに実際にショールームで体験してみて下さい。」という一節が印象的でした。


一時期のブームが去って大変なのかなって気がしますね…。


でも、確かに実際に体験する、試し寝をすることはとっても大事です。


人それぞれ体型や好みが違う様に、自分に合う寝具は人それぞれです。


それを見つけるには自身の「カラダに聴く」のがベストだと思います。


それに、肩こりや腰痛が起床後に現れるからといって、その原因を寝具と決めつけるのも良くありませんしね。


カラダのゆがみの原因は普段の生活習慣にも潜んでいます。


そういう意味でも自身の「カラダに聴く」ですね。


「Tarzan No.629」


自身の「カラダとの対話」の手助けに一冊いかがでしょう。


by sleepdesigner:圭

PAGE TOP